スポーツポータルサイト D Sports

三菱電機 テニス日本リーグチーム 杉田祐一 OFFICIAL BLOG

プロフィール

杉田祐一
■生年月日:1988年 9月18日
■出身地:宮城県仙台市
■身長:173cm
■体重:66kg
■出身校:早稲田大学在学中
■所属:三菱電機
■プロ転向:2006年10月

バックナンバー

2016年11月17日
今シーズンのATPを終え

何度か途中で更新をしようと思ったのですが、全てを終えてからにしようと思いまして、今日に至りました。

 

楽天オープン500  ・  一回戦

上海マスターズ1000 予選突破  ・  一回戦

Stockholm ATP250  ・   一回戦

Vienna ATP500   ・  予選決勝

Paris マスターズ1000    予選一回戦

神戸チャレンジャー   ・  一回戦

豊田チャレンジャー  ・   一回戦

 

 

率直には、悔しい形での締めくくりとなってしまいました。

 

日本のチャレンジャー2大会で結果を出すことができず、トップ100位フィニッシュとはなりませんでした。

 

ランキングを上げるのであれば、日本のチャレンジャーをメインにした方が良かったのですが、ヨーロッパのATPツアーを優先に考えた大会の選択を取ったため、このような結果となってしまいました。

 

ですが、目標としているATPツアーでの生活を選択し、チャレンジしたことは間違っていなかったと信じています。

 

 

今年はリオ2016オリンピックでシングルスベスト32、またトップ30の選手にも勝ち、自己最高ランキングを82位と更新しました。

 

悔しいツアー終了となってしまいましたが、落ち込む必要はないと思います。

 

目標と目的が明確なうちは、ぶれることなく進めるかと。

 

ですが正直、かなりの踏ん張りどころだと言うことも理解しています。

 

 

もう一度、ツアーでの戦略を練り直さなければと思います。

 

ありがたいことに多くのサポートがあり、考え合えるチームがいます。

 

そして今これを読んでくださっている、沢山の方々のご声援があり目標に進めています。

 

私に懸けてくださった沢山の声援にどうにか応えたい一心です。

 

そしてもっと多くの方を巻き込める選手になり、テニス界を盛り上げたいと強く思っています。

 

 

本当に今年もありがとうございました‼まだまだ杉田祐一は続きます‼

 

引き続きよろしくお願い致します。

2016年09月29日
これより

沢山の出来事があったのですが、試合が立て込んでいまして更新できずにいました。

先ずはデビスカップ杯、日本対ウクライナのダブルスに錦織選手と出場し、勝利を決めワールドグループ残留を決めました。

日本代表に復帰したのが久々であった事、自己最高位に位置しチームに合流し選手と高め合えたことは、私にとって大きなモチベーションとなりました。

個人スポーツであるテニスでのチーム戦。気付かされることが多くありました。ここからはまた個人に持ち帰って成長に繋げられればと思っています。

 

そして今週から始まります楽天オープンにシングルスでワイルドカードを頂き出場が決まりました。

これまた久々の本戦となります。

とても良い形で準備が出来ています。

 

オリンピック、デビスカップと日本を代表するにあたり多くの方々にサポート頂き、エネルギーを頂き、そしてまた自分の目標を再確認出来ています。

自分が表現していきたいこと、今まで感じてきた事をどのように組み込んで行くか、勝負が始まります。

28歳になりました。何が変えられるか、そしてどこで自分は勝負していくのか。

沢山の方と関わらせてもらったことが、いまの自分の大きな自信となっています。

 

これより年末まで大きな戦いが始まります。

ここ日本の素晴らしい環境でプレー出来ることを幸せに思います。

是非とも皆様に会場へ足を運んでいただけたらと思います。

皆さんにお会いできるのを楽しみにしています。

大きく

大きく

大きく

大きく

2016年08月29日
全米オープン

大変悔しい結果となりましたが、ベストを尽くせたと納得がいっています。

シンシナティマスターズにてベスト16と好調を維持してきましたが、全米オープンに入る前に膝の調子が悪くなってしまい、なかなか思うような試合展開に持っていくことは出来ませんでした。

予選1回戦は、なんとか勝利出来ましたが、2回戦では膝をかばったのか、他の箇所が痛み始め最後は動くことが出来ませんでした。

ですが大変厳しいスケジュールの中、ここまでプレー出来た事はとても嬉しく思っています。

 

マスターズで初のベスト16に進出し、ランキングも過去最高の82位を記録しました。

このまま一気に行きたいところですが、一度休養をいれたいと思います。

また新しい事をトライできるチャンスにあると思っています。

自分の勝負するところ、修正するべきところ、そして表現していくところ。

もう一度しっかり考え、より良い形で次の大会に挑めるよう準備していきたいと思います。

多くの方々のサポートがあってここまで来ています。

表現の原点です。

ゼロから自分の表現を描ける、幅のある戦いができるようになりたいと思います。

 

また次の勝負が楽しみです。

引き続きよろしくお願い致します。

大きく大きく大きく

<< 前ページ最新12345最初次ページ >>

カレンダー

<< 2016年 12月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ブログ内検索