スポーツポータルサイト D Sports

三菱電機 テニス日本リーグチーム 杉田祐一 OFFICIAL BLOG

プロフィール

杉田祐一
■生年月日:1988年 9月18日
■出身地:宮城県仙台市
■身長:173cm
■体重:66kg
■出身校:早稲田大学在学中
■所属:三菱電機
■プロ転向:2006年10月

バックナンバー

2016年06月29日
スポーツの良さ

今年のウィンブルドンは素晴らしいものになりました。

 

ご存知の方も多いかと思いますが、今年は予選一回戦敗けと、三年連続本戦出場とはなりませんでした。

結果は過去最低の成績ですが、素晴らしいものになったのは、ここ最近私が感じていたことが一つ、肌で感じる事ができた試合になったからです。

 

私の予選一回戦の相手の選手が大きな話題となっています。
イギリスでコーチをしつつ、プロ一本で行くこと諦めようとしていたようです。

対戦した時には、一度対戦した事はありましたが、現在に至るまでの彼の事は何も知りませんでした。

この話を知ったとき、私が感じていたスポーツの良さを再確認出来たような気がします。

 

試合はいつも白紙での勝負になります。

これまでの経緯、情熱、全ての事がゼロになり白紙の状態での戦いとなります。

明日のその試合に向け、一生懸命努力してきた選手。
はたまたテニスがあまり好きでなく遊び呆けて明日のその試合に挑む選手などなど、様々な想いを持った選手が多種多様にいると思います。

個人の見解での良い人も悪い人も、明日のその試合にはみんな白紙での戦いになるのです。

簡単なようですが、これを理解するのになかなか時間がかかりました。

試合にはいつも想いを上書きしていたからです。

特に大きな試合になればなるほど。

 

そしてここ最近、その明日の試合では全ての事が白紙になる事を理解できました。

だからこそ、そこに自分の想いを入れられる事も理解出来ました。

ゼロできるからこそ、そこに自分を表現出来るのです。

これこそ私の思うスポーツの良さの一つなのだと感じる事が出来ました。

 

今回の試合で、相手のウィリス選手が前回の対戦と明らかに表情と覚悟が違うことは良くわかりました。

昔の自分であったらこんな大舞台でコーチに負けてしまったと落ち込んでいたかもしれません。

 

ですが今、白紙の勝負ができたからこそ彼の覚悟が見えましたし、良い試合ができたと思えます。
そして対戦を思い返し、次への準備が出来ます。

 

ウィリス選手ありがとう。そしておめでとう‼

センターコートでフェデラーとの試合。羨ましい限りです。。。笑

選手の夢ですね。

 

ですが今度は自分がやらせてもらいます。

まだまだ先は長いかもしれませんが、トップ100を切った今、そう遠くもないかと思います。

色々と紙一重な所もありますし、そこが大きな差でもあります。

まだまだやることは多いですが、一つ一つやっていきたいと思います。

いつもご声援ありがとうございます。引き続きどうぞよろしくお願い致します。

 

大きく

2016年06月16日
ATP500 Halle

ドイツで行われているATP500で予選を突破し、自身初の本戦一回戦突破となりましたが、昨日の二回戦でイタリアのセッピ選手に負けてしまい準々決勝進出とはなりませんでした。

 

ここ数日良いテニスが出来ていました。

予選一回戦、二回戦ではサーブの調子が良く、安定した試合展開でした。

 

本戦ではアメリカの若手注目選手のフリッツ選手に、ファイナルセットで勝利し、自身初のATP500の二回戦進出を嬉しく思っていました。

もちろんトーナメントですので、気持ちを切らすことなく二回戦に挑みましたが、昨年のファイナリストのセッピ選手のストロークを打破することが出来ず、スコア的にはあっさりとやられました。

 

今大会は雨続きで中断につぐ中断と気持ちを維持するのがとても難しかったです。

何時入るか分からないような天気だったため、緊張を維持させ続けてしまい一時間、二時間と待機になってしまい逆に試合でグッと入り込む感じが薄くなり一気に差をつけられてしまいました。

 

ですが試合感はとても良いと思います。狙うべきポイントも多く見つかり、また試行錯誤になります。

 

次はウィンブルドンの予選です。

試合まであまり時間はありませんが、素晴らしいチームの皆さんがいるので、ベストな状態で入れると思います。

引き続きご声援よろしくお願い致します。

2016年05月29日
近況

久々の更新ですみません。

 

地獄のような二ヶ月になってしまいました。

狙っていたグランドスラム本戦、そしてオリンピック等、何一つ達成出来ず、芝シーズンへと突入することとなってしまいました。

ひとつの大きな区切りを終え、結果を残せなかった自分を責め、苦しい期間となっていました。

試合をするなかで徐々に何を目標にしているのか分からなくなったり、どんなプレーをしたいのかも一貫することが出来なくなったりでした。

色々と環境が変化するなかで、どのような事に注力するかの決断力が少しずれてしまったように思います。

 

ですがシーズン中です。

この状況の中で修正し見つけ出すしかありません。

どのような自分でいたいかを明確にし、そして目標と目的のベクトルを合わせていく必要があるかと思います。

芝シーズンはドイツのStuttgartからになります。

得意なコートなので自信をもってやりたいと思います。

<< 前ページ最新12345最初次ページ >>

カレンダー

<< 2016年 7月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ブログ内検索